<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

皆様から大変ご好評をいただいているPPCロゴTシャツは残り微少となりました。在庫している色は黒・ピンク・レッドの3色です。コットン100%、フリーサイズでイタリアメイドのTシャツです。とても暑さ厳しいこの夏、このTシャツをおすすめします。定価7020円(税込)→ ただいまSUMMER SALE価格4914円(税込)です。この機会にぜひどうぞ。

c0054646_15293307.jpg
PPCロゴTシャツ、黒Tシャツで使用しているアクセサリーは、COP.COPINE(コップ・コピーヌ)のリーフモチーフのネックレス、素敵ですよ。



先日の西日本豪雨で被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。数日前にも千葉県を震源地とする、少し大きな地震もありました。本当にこわいですね。暑さ厳しい中、皆様体調など崩されませんように十分お気を付けください。














by ppc-jp | 2018-07-11 15:39 | インポート婦人服
印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる「睡蓮」大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。躍動する線。響きあう色。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し。風景にもぐり込んでいくようなクローズアップによって、描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広がり――こうしたモネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれています。本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。そして、「印象派の巨匠」という肩書にとどまらず、いまもなお生き続けるモネの芸術のゆたかな魅力に迫ります。なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。本展を通じて、皆さまがそれぞれの「好き」の理由を見つけてくださることを願っています。(「モネ それからの100年」展覧会について より) MONET LEGACY 2018/7/14-9/24 横浜美術館にて

c0054646_12480521.jpg

ぜひ行ってみたいと思っていた、パリ郊外ノルマンディー地方の入り口にあるジベルニーにあるモネの家と美しい庭園を、以前、訪れたことがあります。パリから約80キロ、バスで約1時間15分ほどでした。「睡蓮」に描かれた池や日本風の庭園、花々の美しい庭、そしてモネが暮らしたピンク色のアトリエ兼住まい。とても素敵でした。

c0054646_13055939.jpg

(Photo: Claude Monet - GIVERNY)




by ppc-jp | 2018-07-06 13:08 | インポート婦人服

フランス・イタリア他ヨーロッパや北欧スカンジナビアの素敵な婦人服をお届けするインポートセレクトショップ プチポワン・サンクのスタッフブログです !


by ppc-jp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31